レンタルサーバー

お問い合わせ 資料請求 お見積もり サイトマップ
HOMEお申し込み他社からの移転について > 他社からの移転詳細情報

日本語JPドメイン名のご利用について

他社からの契約期間(解約方法)

移転前に現在ご利用の業者へ移転する旨ご連絡いただき、契約期間、解約方法をご確認ください。
移転前に解約の手続きをされませんと、契約内容などによりすぐにサーバー移転ができない場合があります。
また、旧サーバーと新サーバーを併用いただく期間が必要になりますので、解約日の約1ヶ月前に@YMCサービスへお申し込みください。

他社からの移転についてへ戻る

ネームサーバー情報の変更方法

現在ご利用のサーバーから@YMCのサーバーへ変更するには、ネームサーバー情報を@YMCの指定する情報へ変更していただく必要がございます。 現在のサーバーから新しいサーバー(@YMCサーバー)への切替作業となります。

1. 外国語ドメインの方(com/net/org/tv/toなど)
  • この作業はお客様作業となり、各業者によって手続き方法は異なります。 お客様の方で、ドメインを取得された業者へ変更方法をお聞きいただき、作業をしていただきます。
  • ほとんどのドメインは、ドメインが登録されている会社のホームページより、ID・パスワードでログインする管理画面より変更が行えます。
  • ID・パスワードをお持ちの方で、変更方法が分からない場合、変更画面のURLとログインするためのID・パスワードをご連絡いただければ、@YMCより変更させていただきます。
2. 属性型、汎用JPドメインの方(ドメインの最後にJPがつく方)
この作業はドメインの指定事業者(ドメインを管理している業者)にて行なうことになっております。

3. @YMCへネームサーバー情報の変更を依頼される場合
ドメインの指定事業者を@YMCへ変更していただく必要がございます。
詳しくは指定事業者変更についてをご覧下さい。
※JPドメイン以外のドメインに関してはレジストラ移管を受け付けておりません。

4. 現在の指定事業者へ依頼される場合
サービス開始時に@YMCよりネームサーバー情報をお知らせします。
その情報を現在の指定事業者へお知らせいただき、変更をご依頼ください。

他社からの移転についてへ戻る

メールサーバーのIPアドレス

ネームサーバー情報変更後、他社サービスによってネームサーバー情報が浸透するタイミングが異なることから、変更が完了しても、旧サーバーへアクセスしていることがあります。また、同理由によりメールが旧サーバーの方に届いてしまうことがあります。その場合はメールソフトのアカウントの受信メールサーバー(POP3)設定を、旧サーバーアカウントのIPアドレスに書き換えてメール受信を行って頂く必要があります。
このIPアドレスは現在ご利用の業者へご確認ください。

他社からの移転についてへ戻る

ドメインの管理について

@YMC以外で取得いただいたドメインについては、ドメイン取得先の事業者を通じて、お客様で更新・情報変更などの手続きを行っていただく必要があります。
ドメイン更新分のお支払いも引き続き現在の業者へ行っていただくことになります。
※但し、属性型JPドメイン、汎用JPドメインにおいて@YMCへ指定事業者を変更する場合を除く。
詳しくは指定事業者変更についてをご覧下さい。


他社からの移転についてへ戻る

併用期間について

旧サーバーから新サーバーへ移行する際に、現在契約中のサーバー内のホームページのデータを新しいサーバー(@YMCサーバー)へコピーし、両方のサーバー内に同じデータが存在している状態とします。
この状態にしておいてから、ネームサーバー情報を変更し、完全にネームサーバー情報が浸透するまで、どちらのサーバーへアクセスしても同じ情報が表示されるようにしておけば、途切れなく移行することができます。
メールも同様に旧情報と、新情報で同じアカウントを作成しておくことで途切れなく移行することができます。

他社からの移転についてへ戻る


キーワードで探す>> 共用サーバー | マネージドサーバー | カスタムサーバー | VPS | 専用サーバー | ホスティングサービス
すべての人にインターネット
関連サービス